So-net無料ブログ作成
検索選択

プリバ考察

プリバ回りのカードについて色々と考察してみました。
結構長いです。
【デッキタイプ】

〔オーソドックス騒霊一家〕
レイラと伯まで入れたオーソドックスなタイプ。
チームLv6が物凄く強い。
3ターン目に殺し切れる速度を持ちながら
中盤以降も普通に戦えるおかしいデッキ。
安定性がこのデッキの強み。
オーソドックスながらプリバの中で一番強い。

〔ノードロック騒霊〕
ノードロックが決まるとどうしようもない。
しかしロックパーツが枠を食う関係でアタッカーがチームしかいないので
ロックを解除されてチームを除去されると挽回出来ない。

〔にとりノードロック騒霊〕
にとりからのポロロッカが決まれば勝ち確定。
ポロロッカからノードロック連発して婆ドローまで出来る。
にとりもフィニッシャーとして活躍できる。
オーソドックスな騒霊一家よりは安定性に欠けるが爆発力はある。
恐らく2番目に強いのはこれ。

〔イドソリティア騒霊一家〕
2ターン目か3ターン目にイドから必死にグルグル回して
チームを2体くらい出すと次のターンに相手は死んでいる。
イドから始動出来なくてもチームのスペックで十分戦えるものの
やはり安定性に欠ける。

〔そし誰騒霊一家〕
ネタ。
チームLv4からのそし誰が通れば勝ち確定。
チームを出したらそし誰を撃つ前に相手が骨になっている
という不具合がしばしば起こる。


【カード考察】

〔朱鷺色の妖怪〕
サイドからのソリティア対策として。
ついでに将棋も止められるし便利だった。

〔玉兎〕
4枚目の生成。
一時期自分の中で玉兎いらないんじゃないかな説が浮上してきたものの
やっぱり玉兎はあると便利だった。
重要なのは2ターン目にノードが3に達することではなく
最終的に手札から2コスト払えるという事。
ドロソ連発したらコストは不足気味なのでそれの補充は必要。

〔八坂 神奈子(5弾)〕
鵺ゴットンと離反対策として。
キャラクターなので結社で拾って来れるし呪符除外で引導火力にもなる。
さらに普通にフィニッシャーとしても運用できる。
舟から落として無理矢理回収する目もある。
N6C3はプリバには重いのでありえないと考える人がいるが全くそんなことはない。
N6くらいは玉兎がいれば普通に到達できるし
プリバと対戦している相手は焦って殴ってくる事が稀によくあるので
グレイズからでも楽々貯めることが出来る。
そもそもロックされているのなら普通にノードをセットしていけば良いという話でもある。
また、N6まで貯まるぐらい試合が長引いているなら
最早プリバに勝ち目はないという指摘も的を射ていない。
何故ならば騒霊一家の強みは速度ではなく中盤以降の安定性だからだ。
試合が長引いてもフォゴットンさえ解除できれば
9/9のチームと強化された伯が楽々ライフを削ってくれる。
そんな神奈子に対し、解呪はコマンドだから回収手段に乏しく
一回限りしか使えず、さらに単体での潰しも効かない。
唯一の利点といえばその軽さだがロックが掛かっている状況での
2ターンは果たして重要なのかどうか疑問が残る。
そう考えると鵺ゴットン対策にはメイン神奈子一積み大安定なのは確定的に明らか。

〔倫敦人形〕
チームのサーチ用として。
主軸となるチームをノーコストでサーチ出来るのは強い。
このカード自体も結社で拾ってこれるのもグッド。
しかし3枚は多すぎる。
そこまでチームがたくさん手元にいても素材が足りない。
チームを6枚よりも黄泉の舟が6枚欲しいです^^;
そんなわけでロンドンは1枚か2枚で十分。

〔サラ〕
チームの天敵である波動を止めるのが一番の仕事。
ついでに取引と威令と将棋も止まる。
役に立たないことはないけれど阻止でいいんじゃないかな。

〔レイセン〕
黄泉の舟を使いまわす。
舟を2回使えれば勝ち確定なので決まれば強力。
香霖堂や新史も使いまわせる。
ノードに伏せたカタディなども回収できるので
それなりに使い道があるとは言える。
しかし実際に使ってみたところ使いまわしたいカードとセットで
手元に来ることがあまりなかったので微妙に感じられた。
あと相手もプリバで舟を持っていた場合、深い悲しみに包まれる。

〔鍵山 雛(7弾)〕
婆の術者であることが重要。
だがチャージャーとしては重過ぎるし、そもそも婆を使わないので微妙。

〔幻幽「ジャック・ザ・ルドビレ」〕
4枚目の黄泉の舟として。
冥界にプリバはたくさん落ちれば勝ち確定なので
4枚目の舟として活躍が期待されていたが、
先行1ターン目に騒霊一家が15枚入った自分のデッキへ
ルドビレを撃った場合に落ちる枚数の期待値は
たったの2.14枚なので残念だった。
勿論舟を使った後に撃つとさらに期待値は減る。
1コスト払った上にデッキを公開してこの枚数は割に合わない。

〔悲運「大鐘婆の火」〕
先行2ターン目に撃って5ドローとか出来たら凄く強いが
そんなに都合の良いことはなかなか起こらない。
後攻になっただけでドロー出来る期待値がガクッと下がるのが痛い。
2コストな上にドロー出来るのがメイン終了時だというのに
結局引けるのは2枚程度だったりするので
それなら取引か祈願会でいいよねという話になる。
ただ相手の手札消費を抑えられ、かつ自分の手札消費が激しい
ノードロック型とは相性が良い。

〔豊符「オヲトシハーベスター」〕
4枚目の生成として。
ノード加速は便利ではあるのだが本当にしたいのは
ノード加速ではなくコストの確保であるので微妙。
ノードロックをする場合には何が何でも相手より早く動いて
大寒波や婆に繋げたいので十分有用である。

〔騒符「リリカ・ソロライブ」〕
そもそもライブ系はチームと相性が悪い。
リリカライブは1ドローが付いているので中では可能性があるが
リリカが冥界にいないといけないという制約が結構厳しい。
初手にあったらまずノード行きになる。
それなら他のドロソを積んだほうがいい。

〔天呪「アポロ13」〕
レイセンと鵺の鳴く夜がギリギリ採用圏内ではあるので
中盤以降のノードロックとして使えるかと期待したが微妙だった。
まず序盤は相手の場もノードも空に近いので意味がない。
中盤に決まれば確かに欝陶しくはあるが2枚コンボで
ノードを4削るだけというのは今一つパッとしない。

〔禁弾「カタディオプトリック」〕
ご存知、無縁塚とダークサイドの対策カード。
でも今は、そんな事はどうでもいいんだ。重要な事じゃない。
一番の利点は将棋を後出しで割れること。
何の考えもなく適当に貼っていても役には立つものの
神奈子に割られたり波動の調整に使われたりして
ひっそりと幕を閉じることが結構多い。
バーン系のソリティアに耐性が付いたりもする。
メインから将棋とゴットンを割れないデッキに未来はないので
2枚くらいは積んでおきたい。

〔大魔法「魔神復誦」〕
キャラ1体+2コストを払って貫通すらないバニラは話にならない。

〔作戦阻止〕
チームはコマンドさえ止められれば無敵なのでメイン3積み確定。

〔解呪〕
フォゴットンと離反対策。
コマンドなので回収が難しく、使いづらい。
腐る場合が多いのが一番の悩み。
ノードロック型やソリティア型などの
一瞬の油断が命取りなデッキにはサイドに積んでおくべき。

〔無縁塚〕
チーム対策であるが、回避方法が多すぎて決まりにくい。
何だかんだ言ってチームのLvを下げる事と2体目以降のチームを
出させにくくする程度の役割しか持てない。
このカードよりもまずは五芒星と法界などの除去を積んだほうがいい。
除去した後、またチームが沸いてこないように素材を除外する
というような補助的な感じで採用するのは可能。
五芒星はノードを削ってくれて結社が使えなくなるので塚と相性が良いと言える。

〔思念の看破〕
同族対策にサイドにでも。
一番止めたいのは黄泉の舟。
気分で新史か香霖堂でもいいかもしれない。
ソリティアの新史と香霖堂も止めたいのでサイドに1枚か2枚は欲しい。

〔魔力掌握〕
ソリティアメタとしてサイドに3積み確定。
ついでにフォゴットンも止められる。

〔潜入作戦〕
チームさえ出ていればフォゴットンも将棋も割れるのは面白い。
だがやはりコマンドなので回収が難しく、使いづらい。
それなりに色々なものが割れるが、あくまで相手依存なので
明確な目的も無しに入れておいても腐るだけである。
チームが場にいないといけないという制約も地味に厳しかったりもする。

〔密命〕
チームも伯も打点が大きいのであって損はない。
だが阻止系にした方が安定すると思う。

〔是非曲直庁の威令〕
4枚目の阻止として。
少し重いが枠が空いているならば出来る限り入れておきたい。

〔鵺の鳴く夜〕
対グッスタの場合、スペルはチームにとって脅威ではないので止めたいものはない。
五芒星、法界、離反、将棋、ダークサイドは自分ターンに撃たれるのでそもそも止められない。
波動も恐らく自分ターンに撃ってくるだろうし、止めたところでもう一度撃たれる。
そう考えると止めたいものは取引ぐらいになる。
対プリバの場合、本命は新史、次点で香霖堂。
チームプレイに干渉で出てきた舟を止められるとちょっとおいしい。
それでも冥界さえ肥やせれば第2第3のチームが出てくるので根本的解決にはなっていないが。
そんなわけでこのカードはあって損はしないがメインで積む理由もなさそうだ。
ソリティアメタとしては有用なのでサイドには欲しい。

〔疑惑の五芒星〕
N1C1の軽さで玉兎からアリスまでチャージャーを簡単に焼ける。
そして何より重要なのはチームに効くということ。
中盤以降もノード消費的に相手の方が不利になるので
よく考えて使えばそれなりに有効。
除去は出来なくともとりあえず足止めは出来る。

〔悲しき人形〕
序盤の玉兎除去から終盤の駄目押しまで色々使える。
鵺ゴットン下でも除去が出来るというのがグッド。
ただ、流石にチームは焼けない。

〔春乞いの儀式〕
チャージャーを除去しつつN4まで伸ばして取引を撃てるようになる。
自分の倫敦人形や玉兎を焼いてもいい。
キャラ化したフォゴットンも焼ける。
しかしチームLv6の存在が大きすぎてただのチャージャー除去は霞んで見える。
必死に加速したい理由も存在しないのであまり必要はない。
ノードロック型なら有効。

〔法界の火〕
チームに効く除去。
除外出来るのが凄く強い。
ついでに魔界人にも使える。
同族対策として出来る限り積みたい。

〔妖魔の眷属〕
チームのサーチ用として。
倫敦人形と役割が被るが、間違いなく倫敦人形の方が使い勝手がいい。
アクティブのプリバを用意しないといけないという制約が邪魔すぎる。
[倫敦人形の利点]
・軽い
・ブロッカーになる
・プリバを場に出しておく必要がない
・結社で引っ張ってこれる
・ディマーの囮に出来る
[妖魔の眷属の利点]
・春乞いの的にならない
・ハーベスターの餌にならない
・チーム以外も呼べる
・リリカのいらない子具合が減少する気がする

〔頓悟〕
頓悟チームが完成すると殴る前から相手は土下座して謝ってくる。
でもディマーだけは勘弁してくだしあ;;
頓悟レイラも割とエグい。
まあ阻止系積んだ方が無難ですが。
そし誰とセットでどうぞ。

〔原初の闇〕
4枚目の黄泉の舟として。
冥界の玉兎や倫敦人形をプリバに変換してチームのレベルを上げられる。
足りない素材を補うことも可能。
塚対策にもなるが、それはもう阻止と結社とカタディがあれば十分だったり。
使えることには使えるが何とも地味。
ドロソを積んだほうがいい。


4ヶ月間色々と試行錯誤してきた結果を全て書いてみました。
多分エラッタ食らうので、
あと一ヶ月もせずに無駄な文章になってしまうと思いますけれど
役に立ったら嬉しいですね。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。